アユクローン180のインプレ・評価まとめ

アイキャッチ画像出典:霞デザイン

霞デザインのアユクローン180はソフトマテリアルのビッグベイト!

ニューコンセプトソフトマテリアルビッグベイトです。

発売当時は予約しておかないと入荷してもすぐに売り切れで在庫なしになっていましたが、今は安定供給され始めた感じで買いやすくなってますね。

一般的なABS素材のビッグベイトよりも買いやすい値段とぶつけても壊れない素材なのも良いと思います。

アユクローン180はS字が基本で移動距離を抑えたデジ巻き、トゥイッチ、更にはジャーキングまで対応するので様々な使い方が可能です。

ニジマスや落アユ、アマゴ等のリアルカラーもあるので今までのビッグベイトとはまた違った斬新な気持ちで使う事ができると思います。

安定供給され始めたとは言え人気カラーはすぐに完売になっているのでお気に入りのカラーの在庫があればポチっちゃいましょう。

目次

アユクローン180のインプレ・評価

アユクローン180の使い方

アユクローン180の使い方ですが以下の動画で開発者自ら解説されてます。

この動画を見たらコレは釣れるわぁ~ときっとアユクローン180が欲しくなってしまいますよ!

アユクローン180の重さとサイズ

アユクローン180の重さとサイズですが

重さは56グラムでサイズは180mmです。

一般的なビッグベイトとほぼ同じサイズと重さですね。

アユクローン180のフックサイズは#2くらいだと思います。

アユクローン180はシーバスも釣れる!

アユクローン180はシーバスも釣れます。

アユクローン180はバス釣り用で開発されましたが、そもそもシーバスのビッグベイトはバス釣り用のが転用されてますよね。

シーバス専用のソルトカラーというのは今の所ありませんが、クリアチャートやブルーバックチャートで普通に釣れると思います。

今までこの手のルアーはスイムベイトでフラッシュユニオンのユニオンスイマー155やフィッシュアローのビビットクルーズがありましたが、S字で動くソフトマテリアルビッグベイトというのは初ですよね。

まだ使ってる人もそこまで多くないと思うので今のうちにアユクローン180をシーバスで使って良い思いしちゃうのがおすすめです。

アユクローン180のタックル

アユクローン180のタックルですが普通にビッグベイト用のタックルで良いと思います。

コストパフォーマンスが高くて人気があるのがシマノ ゾディアス 175XHです。

これがゾディアス 175XHならロングキャストからラバージグやテキサスリグにも使えます。

ジョインテッドクローの性能を最大限引き出すためのロッドであるガンクラフトのKillers-00 DEAD SWORD KG-00 6-710EXHなんかも基本が同じS字系なのでアユクローン180にマッチするでしょう。

ちなみに開発者の安永歩(アユサン)氏はフエルコのXT605-4Cも使っていますね。

Twitterでアユクローン180にセットされた写真がありました。

フエルコのXT605-4Cは4ピースでレングスが6フィート5インチ、キャストウェイトがMAX200グラムのヘビーベイトロッドです。

まとめ

アユクローン180は今話題のニューコンセプトソフトマテリアルビッグベイトです。

S字を基本としながらも多彩なアクションを繰り出す事ができるので色々な釣り方を試す事ができてとても人気があります。

Amazonで売り切れていても楽天にはまだ在庫がある可能性があります。

31日間無料!U-NEXTで釣りキチ三平全109話配信中!

まだ釣りキチ三平を見た事がない人、子供の頃に見ていて懐かしい人。U-NEXTで31日間無料トライアルで視聴が出来ます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる