ボンバダテルの使用リールを徹底調査!

釣具のポイント楽天市場店でMAX50%オフ!!
2021年ポイント在庫処分セール開催中!!!
記事の一番下にセール先のリンクを紹介しています。

アイキャッチ画像出典:BOMBADA

ボンバダアグア代表のボンバダテルさんの使用しているリールを知りたい人が少なくないと思うので今回徹底調査してきました!

それではボンバダテルさんのリールを紹介していきます。

目次

16アルデバランBFS

フォルミーガ47とクプアス48はライトなベイトフィネス用のリールが合いますし実際にボンバダテルさんが使っているリールも16アルデバランBFSとなります。

フォルミーガ47の適応ルアーウェイトは1g〜8g

クプアス48の適応ルアーウェイトは3g ~ 20g

まさにベイトフィネスリールがうってつけとなります。

そしてボンバダテルさんが使用しているリールは16アルデバランBFSです。

16アルデバランBFSは重量が非常に軽いベイトフィネスリールです。

発売当初はFTBブレーキの性能が凄まじくベイトフィネスリールはそれまでダイワがスタンダードでしたが、その状況が一変されました。

ボンバダヤジロベー理論であるショートレングスのダブルハンドロッドにも16アルデバランBFSはマッチするのでフォルミーガ47かクプアス48に合わせるリールはボンバダファンなら16アルデバランBFSを買っちゃいましょう。

※ちなみにベイトフィネスリールはダイワが2020年にアルファス AIR TWを発表してまたひっくり返しました。

アルファス AIR TWについての詳細は下記を御覧ください。

アルファス AIR TWのインプレ・評価まとめ

シマノ スコーピオン

ピカパウ57そしてタマンドア56にはシマノ スコーピオンになります。

ピカパウ57は廃盤となりましたが後継機種としてタマンドア56が発売中です。

スコーピオンは廉価版のリールですが耐久性が良いので壊れにくくアマゾンでの釣行で酷使されても安心して使用する事ができます。

スコーピオンは初心者向けというイメージもありますが、中級者以上の人にも愛用者が多いリールです。

それはやはり価格が安いのに性能が良いから他なりません。

そしてボンバダテルさんも認める耐久性、見た目もカッコいいです。

タマンドア56に乗せるリールを悩んでいるならシマノのスコーピオンも良い選択だと思います。

キャストウェイトが7~60グラムとなっているので性能的にもスコーピオンで全く問題ありません。

シマノ トランクス300HG

シマノ トランクス300HGは海外モデルとなりますがアベントゥーラ59のビッグベイトセッティングやピメンタ55のリールにボンバダテルさんは使用しています。

アベントゥーラ59のキャストアウェイトは56g~300g

ピメンタ55のキャストアウェイトは10~120g

重量級ルアーが使えるリールとして日本未発売となりますが逆輸入で販売しているショップがあるので日本からでも入手可能です。

そして2020年の今年、シマノからスコーピオンMDが発売されます。

これはグラップラーのダブルハンドルモデルか?とも言われているのですが、太いPEラインがたくさん巻く事ができるグラップラー300HGはジギング用のリールでシングルハンドルでした。

これをダブルハンドルに交換して使う人が結構いたんですよね。

こういった大容量のラインを巻くことができるキャスティング用のリールの需要があるのがわかったのかどうかはわかりませんが、スコーピオンMDが発表された事は選択肢が増えて喜ばしい事だと思います。

逆輸入されたシマノ トランクス300HGは4万円オーバーの値段ですが、スペック的に糸巻き量や最大ドラグも8キロとほぼ同じスペックのスコーピオンMDは実売価格25000円代と超お得です。

ミヌアノ64はダイワ シーライン石鯛

ミヌアノ64にはダイワ シーライン石鯛をボンバダテルさんはおすすめしています。

ラインがたっぷり巻けて軽くて強くて遠投できるのでオススメとのこと。

シーライン石鯛は軽量ボディでありながら高い耐久性で高い評価を得ています。

石鯛釣りのリールはナイロンラインの20~25号を150m巻いたりします。

ミヌアノ64はそれくらいの強さとラインキャパがあって丁度いいという事ですね。

ダイワ シーライン石鯛の最大ドラグ力は何と15キロです。

安定した滑り出しが可能なUTD(アルティメットトーナメントドラグ)を搭載しており、超遠投も可能なキャスティングモデルです。

怪魚と呼ばれるモンスターにミヌアノ64とダイワ シーライン石鯛でぜひ挑戦してみてください。

ミヌアノ64は最低でもABUの9000番以上の大型リール専用設定となっています。

その他

現在はシマノのリールを使用していますが、過去にはボンバダテルさんはアブガルシアからサポートを受けており下記のようなリールも使用しています。

  • Abu Garcia Revo MGX-SHSとBIGGAME10000i
  • Abu Garcia BIG SHOOTER
  • Abu Garcia POWER CRANK-ZPI
  • Abu Garcia Ambassadeur 10000i

ボンバダテルのライン

メインラインは PE: ロンフォート オッズポートWXP18 60lb #3

ショックリーダー: ガリス キャストマンアブソーバー 10号35lb〜18号60lb 半ヒロほど

スナップはボンバダスナップ Ovo #3 になります。

ロンフォート オッズポートは適度なハリ、コシがあるラインでベイトリールにもマッチするラインです。

高級PEラインですが、オフショアマグロのキャスティングゲームでの愛用者がたくさんいる強くて信頼が高いラインです。

オフショアマグロのキャスティングゲームはヒットの確率もそんなに高くない釣りで、少ないチャンスを物にする為に絶対的に強度が信頼できるロンフォート オッズポートが選ばれています。

南米アマゾンで怪魚と呼ばれるモンスターフィッシュとのファイトにやはり強度が強いラインをボンバダテルさんが使用しているのも納得ですよね。

ロンフォート オッズポートについての詳細は下記をご覧ください。

ロンフォート オッズポート WXP18の口コミ・インプレまとめ

まとめ

ボンバダテルさんが使用しているリールは基本的にシマノ社のリールとなっています。

また、アブガルシア製も使用していた時期がありお好みで選んで良いと思います。

釣具のポイント楽天市場店でMAX50%オフ!!
2021年ポイント在庫処分セール開催中!!!

⬇ ⬇ ⬇

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる