カバークローが復活!カラーと使い方

アイキャッチ画像出典:ジャッカル

廃盤となっていたジャッカルのカバークロー3インチが復活・復刻します。

惜しまれながらも廃盤となっていましたが、2021年の9月に再び発売される予定です。

しかも赤パケとなって復活なので500円以下で購入できると思います。

一時期バックスライド系のワームが流行った時に発売されたカバークロー3インチですが、カバークローグランデも再販されましたし再びバックスライドワームが注目されてますよね。

それも、デプスのカバースキャットの人気に火がついてるのも影響してる気がします。

目次

カバークローのカラー

カバークローのカラー
画像引用元:https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/soft-bait/covercraw/

カバークローのカラーは以下の8種類です。

  • ザリガニ
  • グリパンチャート
  • スポーンギル
  • コーラブルーギル
  • グリパンゴビー
  • ダッピクロー
  • モエビメロン
  • シナモン脱皮クロー

カバークローのおすすめカラー

カバークローのおすすめカラーですがAmazonのカバークローグランデの在庫数から導き出される売れ筋の人気カラーとなるのは以下の2つです。

  • ザリガニ
  • グリパンゴビー

カバークロー自体がザリガニをイミテートしているのでザリガニカラーが人気がありおすすめです。

そして、鉄板のグリパンカラー。

グリーンパンプキンは定番中の定番カラーで当たり外れなくよく釣れるのでおすすめです。

カバークローの重さ

カバークローの重さは約7.5グラムとなっています。

ボディに塩をたっぷりと含んでいる高比重マテリアルです。

この自重によってノーシンカーでもフォールそしてバックスライドでカバーを攻める事が可能です。

ちなみに大きいサイズの4.5インチのカバークローグランデの重さは約19グラムです。

ジャッカル カバークローのフックサイズ

ジャッカル カバークローのフックサイズはあくまで目安ですが#1/0前後となります。

ジャッカル カバークローの使い方

ジャッカル カバークローの使い方ですが基本はノーシンカーリグでフォールとなります。

手ある方からフックを刺せばバックスライドとなり。

お尻の方からフックを刺せばナチュラルな水平フォールとなります。

カバーの奥を狙う場合はバックスライドでカバークローを滑り込ませ、縦ストラクチャーをタイトに攻めたい場合は水平フォールで攻めましょう。

また、自重があるワームなのでオープンウォーターでもノーシンカーでボトムを攻める事が可能です。

さらに重さがあるのでボトムトゥイッチにも対応しています。

まとめ

惜しまれながらというか、廃盤になった時には文句を言う人も多かったカバークローが復活です。

中高生の時にたくさん使った思い出がある人も多いはず。

発売日が2021年の9月となっていますが赤パケで安くなっているので楽しみですね。

31日間無料!U-NEXTで釣りキチ三平全109話配信中!

まだ釣りキチ三平を見た事がない人、子供の頃に見ていて懐かしい人。U-NEXTで31日間無料トライアルで視聴が出来ます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる