フィッシュマン コーク150(CORK)のカラーと使い方

アイキャッチ画像出典:Fishman

ベイトロッド専門メーカーのフィッシュマンから初のルアーがリリースされます。

発売予定が2021年10~11月なのでシーバスのコノシロパターンを間違いなく意識してると思います。

ジャッカルのダウズスイマーやメガバスのメガドッグがコノシロパターンでは人気があるルアーとなっていますが、それよりもちょっと小さいのが気になりますね。

テストで良いシーバスやサワラのメーターオーバーが釣れてますが、テスト開始が公になったのが去年の11月で今年の8月に顔の造形を少し変えて、もう発売予定が決まって生産を始めてるという感じがとても気になりますね。


目次

コーク150(CORK)のカラー

コーク150のカラー
画像引用元:https://www.fish-man.com/cork150.html

フィッシュマンのコーク150(CORK)のカラー は下記の6種類です。

  • マットチャート
  • ドッカンチャート
  • キャンディ
  • ほせコノシロ
  • クロキンコノシロ
  • レーザーボラ

カラーラインナップ的にシーバスを強く意識しているルアーですね。

秋・冬のコノシロパターンで使う人が多いと思います。

コーク150(CORK)の特徴

コーク150(CORK)の特徴 ですがジョイントミノーなのに飛ぶという事です。

キャスト時にクルクルと回転せずに安定した飛行姿勢で遠投が可能。

ソリッドコアシステムが採用されていて強度も強くなり飛距離も出ています。

このソリッドコアシステムはドランクレイジーが開発した特殊構造なので フィッシュマン コーク150(CORK) はOEMでドランクレイジーが作っている可能性がありますね。

画像のロゴも同じなので少なくてもドランクレイジーが何らかの関係があるのは間違いないと思います。

釣りの総合ニュースサイト「LureNe...
【ソリッドコアシステム】ドランクレイジーが開発した注目のプラグ内部構造を紹介 独創的な商品ラインナップで、コアなファンも多いリアクレこと上田純也さんの「ドランクレイジー」。 世界をまたに掛け、ピラルクやバラマンディなど怪魚系から、ソルト、...

コーク150(CORK)のフックサイズ

コーク150(CORK)のフックサイズ はトレブルフックの#2/0です。

コーク150(CORK)の アクション

フィッシュマン コーク150(CORK)の アクションですが微波動系のようですね。

タダ巻きで微妙なS字スラロームになっていて、ジャークしても左右に飛んだりはあまりせずにストップ・アンド・ゴーのようになっています。

シーバスに効きそうな動きですね。

コーク150(CORK)の 使い方

コーク150(CORK)の 使い方で紹介されているのはタダ巻きとジャークです。

流れのある所でゆっくりとタダ巻きしながらドリフトといった感じですね。

リップレスなのでトゥイッチはあまり動かなさそうです。

ジョイントで太いシンキングペンシルでジャークも可能といったイメージで良いんじゃないでしょうか。

まとめ

フィッシュマンのコーク150(CORK)は2021年10~11月発売予定です。

果たしてシーバスアングラーにどれくら評価されるのか今から楽しみですね。


あわせて読みたい
シーバスルアーおすすめの超1軍ルアー2021年版 シーバスルアーおすすめの超1軍ルアー2021年版を紹介します。 奇をてらったルアーではなく各ジャンルでよく釣れて定番となっている間違いのないシーバスルアーを紹介し...

31日間無料!U-NEXTで釣りキチ三平全109話配信中!

まだ釣りキチ三平を見た事がない人、子供の頃に見ていて懐かしい人。U-NEXTで31日間無料トライアルで視聴が出来ます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる